アフィリエイト初心者を脱するために意識したい3つのポイント

アフィリエイターなら誰でも経験する稼げない時期。

 

 

アフィリエイトを始めて半年〜一年はブログを更新してもほとんど反応が取れない時期があります。特に最初の3ヶ月頃は訪問者数がゼロという日が続くため、いったい誰のために記事を書いているかが分からなくなりモチベーションを保つのに苦労する方が殆どだと思います。

 

 

この記事を読んでくれているあなたもまさにその時期に入っているのかもしれませんね。もちろん例外なく僕もアフィリエイトブログを書き始めて半年くらいは一日の訪問者数が1人〜2人と、もう辞めてしまおうかなんて思う日も多くありました。なのでこの時期の孤独感と絶望感は痛いほどよく分かります。

 

 

しかし結論から言うと、アフィリエイトは継続して記事を書き続ければ稼げるようになります!

 

 

月のお小遣いをもう少し増やしたい方〜本業を超える収入を手にして自由に生きていきたい方など、アフィリエイトをしている方の目標は人それぞれだと思いますが、とにかく継続して記事を書き続ければ誰でも希望の報酬額を手に入れることが可能です。

 

 

「そんな簡単にいくわけないだろ」と聞こえてきましたが、アフィリエイト初心者が稼げない原因について以下の3つが挙げられます。

 

 

@圧倒的に記事数が少ない。

 

A内容が薄い。

 

Bターゲットが明確でなく、タイトルや記事本文にキーワードが盛り込まれておらずSEO的に集客力が弱い。

 

 

 

 

一つずつ説明しますね。

 

 

@の「記事数が少ない」についてですが、訪問者を増やすにはあなたの記事を上位表示させる必要があります。なぜならあなたがグーグル検索する場合を思い浮かべてみれば分かりやすいかと思います。

 

 

あなたが調べたいキーワードを検索窓に打ち込んで目的のブログやサイトを探す際、せいぜい見るとしても2ページ〜3ページくらいまでではないでしょうか?

 

 

僕もそうですが、よっぽど悩みが深くない限り殆どの人は1ページ目に表示されたブログやサイトだけで完結させてしまう場合が殆どです。

 

 

従って、あなたの記事を上位表示させるためにグーグルの検索エンジンにあなたの記事が優良であると評価してもらう必要があるのです。

 

 

このとき評価の対象になるのが、記事数と記事内の滞在時間です。

 

 

つまり、記事を多く書けば書くほど多くの人の目に留まりやすくなり、長文を書くほど読者の滞在時間が長くなりSEO的に有利になるのです。具体的には500文字程度の短文ではなく1,000〜3,000文字数を心掛けるといいと思います。

 

 

因みに一般的な記事数の目安となるのが100記事です。

 

 

ただし勘違いしないでほしいのが100記事がゴールというわけではありません。あくまでも100記事は通過点ですし、人により個人差はありますが、100記事くらいから安定して月数万円程度の報酬が入るようになります。

 

 

分かりやすく言えば、大海原で釣糸を1本たらすよりも100本垂らした方が釣れる確率が高まりますよね。1つ1つの記事の集客力が弱くても多くの記事を書くことで全体の集客力を上げるというイメージです。

 

 

記事を量産する

 

 

続いてAの「内容が薄い」についてですが、これは多くのアフィリエイト初心者が悩む点だと思います。ブログ記事に何を書いていいか分からず、日記のようなブログになってしまうということです。

 

 

あなたが芸能人やタレントならそれだけでも多くのファンを引き付けることは可能です。しかし、僕ら一般人は誰も自分のことを知らないわけですから、同じような手法では集客できません。

 

 

ではどうすればよいのでしょうか?

 

 

先ほど僕がファンという言葉を使ったのに気づきましたか?

 

 

そうです。読者をあなたのファンにしてしまえばいいのです。

 

 

初めてあなたのブログにやって来た読者は、あなたのことを全く知らない人ですから、あなたに対して信用も期待感も無いわけです。

 

 

普通そんな人から物を買おうとは思わないはずです。

 

 

よって、まずあなたが意識しなければならないことは、初心者のうちはブログで物を売り込もうとするのではなく、読者に自分という人間を知ってもらって、読者から信用と期待感を貰えるように記事を書くということです。

 

 

実はこのことは多くのアフィリエイターが知らない事実なのです。ネット上に溢れる多くのアフィリエイトブログを見てみれば分かると思いますが、その殆どが商品のメリット・デメリットやスペックをただ書き綴っているだけです。

 

 

これでは、別にあなたから買わないといけないという理由は見つかりません。運よく商品が売れたとしても次回もまたあなたから商品を買ってくれるでしょうか。

 

 

いいえ。買わないはずです。

 

 

それは、読者が単に商品を気に入ったから買っただけで、あなたのファンだから買ったわけではないのです。

 

 

売り上げを伸ばすコツは、ネットビジネスもリアルビジネスも同じですが、とにかくリピーター(あなたのファン)を増やすことが大事なのです。

 

 

ではどうやってリピーター(あなたのファン)を増やすの?という疑問が浮かび上がると思います。

 

 

その答えは「読者にとって有益な情報を書く」ということです。

 

 

「有益な情報」って?と思うかもしれませんが、深く考える必要はありません。

 

 

簡単に言うと、「読者の悩みを一発で解決してあげられる内容の記事」を書けばいいのです。

 

 

例えば、お金を稼ぎたい人のためにアフィリエイトを勧める記事を書くとします。殆どの人がやるようにブログの開設方法や記事やデザインについて記事を書くだけではなく、以下の手順を踏んだ文章を書くように心がけるといいでしょう。

 

 

@読者の悩みを明確にする⇒A自分の経験や意見を読者と共有する⇒Bその悩みを解決したあとの素晴らしい未来を語る⇒C読者から共感や信頼を得る⇒D商品が売れる

 

 

なんだか面倒くさいと思う方のために一言でいいますね。「読者を共感させる文章を書く」。これが一番重要なポイントになります。

 

 

例えば、腰痛で困っている人に向けて記事を書くなら、同じ腰痛を経験したことがある人の方が、その人の悩みを理解してあげられるし、自分の大変だった経験を話すことで読者からも共感を得やすくまりますよね。

 

 

反対に腰痛の経験のない人が、腰痛で困っている人に記事を書いたところで具体性や真実味がなく、読者からの共感を得にくいのです。

 

 

1つ1つの記事に共感を意識した文章を書くことで、次第に読者はあなたのファンになっていき、最終的にあなたから商品を買いたいと思うようになるのです。

 

 

これはマーケティング業界ではよく使われる「自己ブランディング」という手法です。

 

 

つまり、商品の価値を前面に出した押し売りのような文章を書くのではなく、読者から共感や信頼を得ることを目的とした文章を書くことで、それが最終的には自分をブランド化することに繋がるのです。

 

 

この「自己ブランディング」が確立されたとき、あなたは売り込みをかけなくても、読者のほうから「あなたの商品は全て買います。ぜひ私に売ってください」という状況が生まれます。そうなれあなたの収入は劇的に増えることになるでしょう。

 

 

自己ブランディング

 

 

最後に、Bの「ターゲットが明確でなく、タイトルや記事本文にキーワードが盛り込まれておらずSEO的に集客力が弱い」について説明します。

 

 

基本的なことですが、グーグルの検索エンジンは、あなたの記事タイトルディスクリプション(記事の概要部分)記事本文に含まれるキーワードを足がかりにしています。

 

 

裏を返せば、あなたがいくら素晴らしい内容の記事を書いてもキーワードがタイトルやディスクリプションそして記事本文に含まれていなければ検索エンジンに拾ってもらえないことを意味しています。

 

 

それではあなたの苦労が水の泡になってしまいます。そうならないようにキーワードは時間をかけて考えあなたのブログに適度に散りばめたいところです。

 

 

例えばあなたが「アフィリエイト」をメインキーワードにした記事を書くとします。

 

 

多くの読者は単に「アフィリエイト」一言だけではなく、「ブログ記事の書き方」や「報酬額」などの関連キーワードも一緒に検索窓に打ち込んで検索します。

 

 

よって、これらのキーワードを記事のタイトル・ディスクリプション・本文にもれなく盛り込まれた文章になっているかを常に意識してください。

 

 

繰り返しになりますが、キーワードが盛り込まれていない記事はSEO的に弱くなり、それにより検索エンジンに上位表示させてもらえないということになります。

 

 

最後にキーワードを選定する上でとても重要なことをお伝えしますね。

 

 

それはターゲットを明確にするとうことです。つまり、あなたの記事を誰に向けて書くかということです。

 

 

例えば、ダイエットに関する記事をかく場合、すべてのダイエット希望者に向けて記事を書くのではなく、ターゲットを20代の女性へと絞り込むのです。

 

 

なぜかというと、ターゲットを絞り込むことで実際に24才の女性があなたの記事を読んだとき、あなたの記事が自分に向けて書かれているかのような錯覚に陥るからです。そうすることであなたの記事に感情移入し易くなるのです。

 

 

でもそれでは集客の分母が小さすぎるのでは?と思うかもしれませんが、ここでターゲットを絞らないと逆に当たり障りのない内容になってしまい、結果的に誰の心にも響かない文章となってしまうのです。

 

 

まとめると、ターゲットは絞れば絞る程良いのです。また、ターゲットを絞ることでキーワードが必然的に浮き上がってきます。

 

 

ターゲットを明確にすることとキーワード選定は大きく関連していますし、記事を書く時間と同じくらいとまではいかなくてもそれと同じくらいの時間を割いて考えなければいけない重要な作業となります。

 

 

ターゲットを明確する

 

P.S

 

 

僕の記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

アフィリエイトでまだ満足のいく報酬が得られずモチベーションを維持するのに苦労している方はどうぞ諦めないでください。

 

 

冒頭でもお伝えしたように僕も1年ほど前までは1日に二人〜三人程度の訪問者しかなくアフィリエイト報酬もゼロの状態でした。そんな孤独な状態が約半年くらい続きました。

 

 

しかしあるときブログの集客数が一気に上がる日がやってきたのです。(ぼくも理由はよくわからいのですが・・・)

 

 

訪問者数に比例して報酬額も伸びるようになるので、とにかく騙されたと思って記事を書き続けてみて下さい。

 

 

文章が苦手な方でも、記事数を増やしていくにつてれ文章力は身についてくるものです。僕もそうですが最初から納得のいく文章をかける人はいません。

 

 

ビジネスはトライ&エラーの繰り返しです。

 

 

アフィリエイターの約95%は月5千円も稼げていないと言われています。なぜなら、そのほとんどが全く反応のない3カ月を耐え抜くことができずに辞めてしまうからなのです。

 

 

実際、3ヶ月〜半年を経過したくらいからSEO的にも強くなり報酬が入りだすことを初心者は知りません。

 

 

言い換えれば、あなたが記事更新をつづけていれば、ライバルたちは勝手に去って行ってくれるのです。

 

 

そうなればあなたは勝ったようなものです。

 

 

最後にあの松岡修造さんの有名な言葉をご紹介します。

 

 

 

100回叩けば壊れる壁があったとします。

 

でもみんなあと何回叩けば壊れるかが分からないので、

 

99回まで来ていても諦めてしまいます。

 

                  松岡修造(元プロテニスプレーヤー)

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る