無料メルマガ「自由への道」

無料メルマガ「自由への道」 魅せるセールスコピー12の原則 買わずにはいられなくなる10のテクニック

 

☆今だけ特典プレゼント中!

 

 

 

消費者心理を追求したアフィリエイト記事を書く(他者との差別化)

 

 

アフィリエイトは実店舗と違い集客から販売までを全て文章で行います。

 

 

実店舗であれば売り手の人柄やトークスキル又は実演等様々な技術を駆使し売り込みをかけることができますが、アフィリエイトは目に見えない相手とのやり取りです。

 

 

そんな環境下で物を売るには、デザインでもSEO対策でもなく文章がとても重要なのです。

 

 

「この商品はぜったいオススメです。」や「あなたを絶対稼がせます」等と謳い、押し売りのように文章を書いているアフィリエイターをよく目にします。

 

 

しかし、このような押し売りでは殆ど稼ぐことはできません。

 

 

なぜなら想像してみてください。あなたが洋服を買うために店内で服を選んでいるとします。そこへ店員さんがしつこく付きまとってきてアレコレと勧めてきたらどうでしょうか。

 

 

買う気が失せてしまいますよね。(あくまでもこちらがある程度選んだうえで購入を迷っている場合であれば店員さんの話を聞きたいですが)

 

 

これと同じで、相手の心にずけずけと入ってくるタイプのアフィリエイトは逆にお客さんが逃げて行ってしまいます。

 

 

僕も先日、ふと立ち寄った服屋の店員があまりにもひつこく付きまとってくるので、5分もしないうちに店を出てしまいました(笑)

 

 

また、お客さんに対し自分の知識を押し付けたり、上から目線でしつこく購入を勧めてくるやり方は絶対NGです。

 

 

「じゃあどういう文章を書けばいいの?」と聞こえてきそうですが、需要なのは消費者心理に沿った文章を書くことです。

 

 

商品が欲しくて欲しくてたまらないという心理状態を文章で作り出すことができれば成功です。

 

 

そのためには読み手の心理を深く理解し、読み手の心理の流れに沿って文章を繋いでいくよう心掛けましょう。

 

 

例えばキーワード検索で「ダイエット」と検索してくる人たちに、単に「このサプリはお勧めですよ」と言うのではなく、このサプリを使うことで3カ月後には10kG痩せて「履きたかった憧れのリーバイスのジーンズが履けるようにりますよ」や、「家族や友達から褒められ、自分に自信がつくことで人間関係もうまくいくようになりますよ」等と言うと売り上げを伸ばすことができます。つまり、成功したときのイメージを訪問者に強く植え付けることがとても重要なのです。

 

 

「ステーキを売るな、しずるを売れ」という言葉があります。

 

 

しずるとはステーキから滴る肉汁のことですが、「単にこのステーキは最高ですよ。」とステーキそのものを売り込むよりも、そのステーキから出る食欲をそそる香りや、ナイフでカットしたときの肉質の柔らかさ、そして滴り落ちる肉汁。。。これらををお客さんに連想させる方が売り上げが圧倒的にいいのです。

 

 

これはマーケティング業界では当たり前のように使われている手法で、その商品そのものを売り込むよりも、その商品を手に入れた後にお客さんが感じる幸せを具体的にイメージさせる方が売り上げを伸ばすと実証されています。

 

 

私は広告マンやコピーライターじゃないからそんなの無理だよ。と思うかもしれませんが、あまり難しく考える必要はありません。私たちは作家ではないのですから難しい表現や言い回しではなく、誰にでも分かるような文章が書ければ十分です。

 

 

大事なのは、あなたが売り込む商品がお客さんに対して、一体どんな幸せを与えることができるのかを具体的に伝えればいいのです。

 

 

多少下手な文章でも消費者心理に沿った文章構成であれば問題ありません。

 

 

常に文章を書く際に、読み手の心理を先読みし最終的に解決策を提示することを意識するとよいでしょう。

 

 

消費者心理を意識した文章を書くことができれば、ライバルとの差別化も図れSEO的にも有利になりますよ。

 

 

 

ステーキ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

正しい手順を踏まなければ商品は売れない

人が物を買うまでには次のような順序が存在します。

 

 

 

@興味・関心

 

A信用・共感

 

B行動

 

 

 

読み手はまずあなたに興味を持ってから初めて、あなたの文章を読み進めたいと考えます。タイトルや文書で最大限に読み手の注意を惹きつけ、最後まで読みたいと感じてくれる文章を意識しましょう。

 

 

この段階で読み手の「興味・関心」を掴めないといくら商品をオススメしたところで読み手は離れていってしまいます。

 

 

しかし、「興味・関心」を惹くことができれば、徐々にそれがあなたへの「信用・共感」に繋がっていき、最終的にこの商品をあなたから買いたいと思うようになるのです。

 

 

いまの時代は「誰から買うか」がとても重要視されているのです。

 

 

きちんとした手順を踏まずに、ブログのあちこちに広告リンクを張りまくって購入を勧めるやり方は一昔前と違って今の時代では通用しません。

 

 

アフィリエイターの約95%は月5千円も稼げていないのは、消費者心理を理解せず、ただ記事を量産しているからなのです。

 

 

「今すぐあなたから購入したい」と思ってもらえるように、相手の心に深く突き刺さる文章を常に心掛けていくといいですよ。

 

 

 

 

 

文章で惹きつける

 

 

 

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る