【五月病克服】憂鬱な気持ちを払しょくし希望に替える方法

長かったゴールデンウィークも終わりを迎えますね。

 

 

忙しい日常から離れ、家でゆっくりされた方や、家族旅行や里帰りされた方等、過ごし方は人それぞれだったと思いますがあなたはどう過ごされましたか?

 

 

逆に仕事より疲れたなんて方も多いかもしれませんね。僕は、人混みが嫌いなので、だいたい家でゆっくりしていましたが、それでも子供たちのために遊びに連れて行ったりと、連休の後半はけっこう大変でした・・・

 

 

渋滞

 

 

ところでこの時期問題となるのが「五月病」ですよね。

 

 

連休気分が抜けきれないまま仕事に突入するため憂鬱で悩む方も多いようです。僕も例外ではなく、この時期は気分がのらない日が毎年続きます。以前までは・・・

 

 

五月病で検索してみるとネット上には、五月病にならないための方法や、五月病を直す方法などのタイトルが並びます。

 

 

しかし、これらはあくまでも考え方や気の持ちようレベルの話ですよね。つまり、ごまかしの方法であって、根本的な解決法ではありません。

 

 

そこで、あなたには根本的な解決法をお伝えしたいと思います。

 

 

どういうことか?

 

 

それは毎日をゴールデンウィークにしてしまえばいいのです。

 

 

何をバカなことを言っているんだと聞こえてきましたが、僕はふざけているわけではありません。いたって真面目です。

 

 

つまり、毎日をゴールデンウィークのにする(=休日にする)ことで、五月病はなくなるはずです。

 

 

「そりゃそうだ。でもそんな現実離れした話なんて・・・」と思いますよね。

 

 

それはあなたが働かなくても収入が入ってくるシステムを作ってしまえばいいのです。いわゆる不労所得というやつです。

 

 

想像してみてください。

 

 

あなたが不労所得を得るシステムを作り、不自由なく生活できるくらいのお金が安定してあなたの口座に振り込まれるようになったら。

 

 

そんなことができたらあなたは1時間かけて満員電車に乗る必要がなくなりますね。

 

 

 

休暇

毎日を休みにするための2つの不労所得

 

不労所得と聞くと難しく聞こえるかもしれませんがそんなことはありません。

 

 

僕の言う不労所得を得る方法とは、あなたの経験や得意分野を記事にし、最終的にお金に替えるというものです。

 

 

「私はそんな人より優れた経験や知識など持っていないよ」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

 

あなたが自分自身でたいしたことはないと決めつけているだけで、他人からしてみたらそれは有益な情報になることが結構多くあるのです。

 

 

例えば、僕は幼いころから水泳を始め中学〜高校は選手として活躍した実績があります。よって水泳についての記事を書くことができます。

 

 

速く泳ぐためのコツや、トレーニングの方法など僕が実際に経験したことを書くことで、今水泳を習っていてもっと速く泳げるようになりたいと思っている読者にとっては有益な情報となるのです。

 

 

例えば、「長距離を泳ぐコツとして、水中でのストロークを早くし、その勢いでリカバリーを意識すると無駄な体力を抑えながらも早く泳ぐことができます。」と書くと、読者は「なるほど」となるのです。

 

 

僕にとっては当たり前のことでも、読者にとってみれば悩み事を解決する手段になり得るのです。

 

 

例えば、あなたが料理好きなら実際に料理した写真付きのレシピを投稿したり、あなたが旅行好きなら、今までに行ったお勧めの観光地やご当地料理などのブログを書いたりすることができるでしょう。

 

 

「美味しい料理の作り方」や「お勧めの観光地」などで検索してきた読者の目に留まればあなたの記事が価値あるものに変化するのです。

 

 

しかし、有益な情報がどうやってお金を生むの?と思うかもしれませんね。

 

 

結論から言うと「デジタルブック」としてあなたの有益な情報を世に送り出すのです。

 

 

書籍といっても実際の書籍ではなく、ワードやエクセルなどで作成した文章をpdf形式で販売するだけなのです。

 

 

一昔前なら情報を発信する手段としては、書籍を販売するしかありませんでしたので、出版社を動かすだけの文章力がなければ難しく、誰でも簡単にできる話ではありませんでした。

 

 

しかし、デジタルブックなら、あなたの好きなテーマを書き綴り、あなたが設定した料金で販売することができます。

 

 

大作を作って高く売るか、アドバイスブックとして千円以下で売るか、あなたが自由に決めることができます。

 

 

しかもデジタルブックの良い点は、デジタルブックを一つ作ってしまえば、百人に売ろうが千人に売ろうが、あなたがすることは何もないということです。

 

 

一度稼ぐためのシステムを構築してしまえば後は働かずしても収入が入ってくるということです。

 

 

これが不労所得と言える理由なのです。

 

 

また、せどりやAmazon輸出の様に在庫管理や梱包準備をする必要がないため、売れるれば売れる程忙しくなるということがありません。

 

デジタル書籍

 

 

しかし、誰でもできるとはいってもやはり初心者の方にはなかなかは腰が上がらなのも現実です。

 

 

そこで、初心者にお勧めしたいのがアフィリエイトです。

 

 

つまり、自分の作品を売り込むのではなく、他人の作品(デジタル商材、物品)をを紹介することで成果報酬をもらうやり方です。

 

 

アフィリエイトの仕組みについて具体的にお伝えしますね。

 

 

例えば、あなたがダイエットに関するブログ記事を書いているとします。自分が試してみて効果のあった商品を紹介することで、読者があなたのブログから商品を購入すれば、メーカーから報酬を貰えるというものです。

 

 

もちろん事前にアフィリエイトプロバイダーと契約したり、ブログを立ち上げたりと言った作業がありますが、それらの手順を詳しく解説した教科書を最後にご紹介しますのでご安心を。

 

 

まとめると、不労所得を得るには以下の2つがあります。

 

 

@自分の経験や得意分野をデジタルブック(デジタル商材)として販売する(インフォプレナー)

 

A自分のブログで他者の商品(デジタル商材や物品)を販売する(アフィリエイター)

 

 

初心者にはAから初めて@に入る方がやりやすいと思います。

 

 

最後に、1年前にアフィリエイトのアの字も分からなかった僕が今では本業を超える程の安定した報酬が入るようになったのは、ある教科書があったからです。

 

 

この教科書と出会わなければ、今でも一円も稼げていなかったと思います。

 

 

この教科書はアフィリエイト初心者を最終的に独立させ、自由な人生を手にすることを目的としたものです。

 

 

僕が今まで経験したなかで、不労所得を得るためには、正しい方法と続ける努力が重要だと思っています。

 

 

アフィリエイトは始めてすぐに報酬を獲得することはできませんが、正しい道を進んでいれば必ず自由を手にすることができるネットビジネスです。

 

 

ネットビジネス

 

 

「自分の人生は自分で決める」

 

 

これからの時代はそうあるべきだと僕は思います。

 

 

不労所得のシステムを構築したとき毎日がゴールデンウィークになるのです。

 

 

そうなれば40Km渋滞している高速道路の車列に並ぶことも、五月病もなくなります。

 

 

なぜなら毎日が休みになるのですから。

 

 

毎日が休日 リラックス

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る