副業はいくらまで?という心配はもう不要!副業が本業を超えるとき

副業をされている方で、「いったいいくらまでなら会社にバレないの?」という質問をされる方を多く目にします。

 

 

このブログにたどり着いたあなたも若しかしたら同じ心配をされているのかもしれませんね。

 

副業はいくらまで?

 

 

インターネットの普及で家にいながら誰でも簡単に副業ができる時代となりましたが、未だに多くの企業は副業を禁止しているため、会社にバレずに稼ぎたいという方も多いようでね。

 

 

ネット上には「所得が20万円を超えたら確定申告が必要なので、それ以下で副業をしましょう」等という記事をよく目にします。

 

 

しかし、それはあくまでも副業という範囲を超えないという前提で話をした場合ですよね。

 

 

もし、あなたのしている副業が本業よりも大きく稼げるようになったらどうでしょうか?

 

 

本業よりも稼げるなら副業を本業にするのではないでしょうか?

 

 

「そんな美味しい話があるわけないだろ?」と思うかもしれませんが、実は僕も実践しているのですが、ズバリ副業から始め本業を超える方法が存在します。

 

 

その方法については後で詳しくお伝えしますね。

 

 

副業が本業を超えるなら20万円の壁を気にする必要もなくなりますよね?

 

 

その前に少し僕の話にお付き合い下さい。

 

 

そもそも、あなたが本業の範囲を超えずに副業を留める理由は何でしょうか?

 

 

恐らく以下の2つ考えられます。

 

 

@本業の方が収入額が大きい。

 

A本業の方が安定して継続的に収入を得られる。

 

 

 

会社に就職している方が、給料は多少安くても毎月決まった額を得られるので安定した生活が送れる。

 

 

これは私たちの頭の中に植え付けられた潜在意識というもので、私たちは小学校から大学まで、社会人になると社会(集団)の一因として働くようにインプットされます。

 

 

そのために、「公務員になりなさい」、「手に職を持ちなさい」、「安定した会社に勤めなさい」などと叩き込まれますが、そもそも私たちは何のために働くのでしょうか?

 

 

お金を稼ぐため

 

やり甲斐(生き甲斐)のため

 

地位、名誉のため。。。

 

 

など人それぞれあると思いますが、究極の目的はお金を稼ぐことですよね。

 

 

そもそもお金が無ければ生きていけませんし、やり甲斐や地位、名誉はその次にくる項目です。

 

 

しかし、私たちは職業に就くための教育は嫌と言うほど受けますが、お金を稼ぐことについての勉強は一切してきていません。

 

 

本来であれば、人が生き抜くために必要なお金を稼ぐ方法や、お金を運用する方法、そしてお金を増やす方法について学校で学ぶべきなのですが現実は違います。

 

 

なぜなのでしょうか?

 

 

それは、変にお金に関する知識を植え付けてしまうと、簡単に投資に手を出す人が増えてしまいその結果破産者も増えてしまうからなのです。

 

 

また、物を作りをする人がいなくなってしまっては社会が成り立ちませんよね。

 

 

そうなると国は、一部の富裕層から税金をとれるかもしれませんが、破産者が増えたことで税金を徴収できなくなってしまいます。

 

 

つまり、国は国民一人一人から確実に税金を徴収する方が安定して国を運営することができるため、会社という集団に属して働くよう私たちに教育するのです。

 

 

その際、同時に「安定」という二文字を私たちに刷り込みます。

 

 

そのため殆どの人たちは会社に就職することが安定だと信じていますが、本来の「安定」という意味は、国が安定して税金を徴収できるというこという意味なのです。

 

 

これが国が私たちに対してお金の教育をしない理由なのです。

 

 

「人生はお金が全てではない」とよく言われます。確かに僕も同意見ですが、しかしお金はないよりある方がいいに決まってます。。

 

 

日本ではお金についての話をするとどこか嫌らしいといったイメージがありますが、それはお金についての教育を受けてこなかったため私たちに免疫が備わっていないためなのです。

副業が本業を超えるとき、真の自由という扉が開かれる

冒頭でもお伝えしましたが、副業の域を超えずに所得の上限ばかり気にしていては一生不自由な生活から抜け出すことはできません。

 

 

なぜなら会社という集合体に属している以上、最低限の補償しかしてもらえないからです。

 

 

あなたがもし病気で働けなくなったら、会社はいつまでもあなたを待っていてくれるでしょうか?

 

 

この不安定な時代に生きる私たちにとって、収入源を会社一本に絞るのたとてもリスキーなことなのです。

 

 

自分の身は自分で守るという言葉がありますが、まさにその通りで、国や会社はあなたを守ってはくれません。

 

 

私たちが生きるこの時代は、自分で稼ぐ術を身に着けたものだけが生き残れる時代なのです。収入源を複数持つことで経済的な危険を回避することができます。

 

 

僕もそうですが特に家族をお持ちの方は、自分が働けなくなったときのリスクを常に考えなければいけません。

 

 

そこで僕があなたにお伝えしたいのは、あなたが今副業していたり、やこれから副業を始めたいと思っているとしても、やるからには本業を超える収入源を見つけて欲しいということです。

 

 

それは指先1つで稼ぐことができる技術

 

指先一つで稼ぐ

 

 

もし病気やケガで身体が動かなくなったとしても、指先1つで稼ぐことができれば、会社を首になっても一生食っていくことができます。

 

 

しかもその報酬額は本業を軽く超える額です。

 

 

指先1つというと何か特別なスキルが必要で、どこか胡散臭い感じがすると思われるかもしれませんがそんなことはありません。

 

 

いたってシンプルな手法です。

 

 

消費者はどんなときに物を買いたいと思うのか(消費者心理)、商品の魅力をいかにして最大限に引き出すか(コピーライティング)を学び実践するだけです。ただそれだけなのです。

 

 

多くのコピーライターやマーケティングの巨匠たちが築いてきた「物を売る本質」をあなたのビジネスに取り入れるだけで、単なる副業の域から大きく飛躍することができるようになります。

 

 

ネットビジネスは今や飽和状態といわれていて、ただ商品のメリットを並びたてて強引に売りこみをかけたところでまず物は売れません。一昔前ならそれだけで飛ぶように売れたこともありましたが。。。

 

 

しかし、あなたが物を売る本質を身に着けたとき。。。

 

 

誰にも頼らずに自分の力だけでお金を稼ぐ術をみにつけたとき。。。

 

 

あなたの副業は本業を超えた収入を運んでくることでしょう。

 

 

冒頭でもお話しましたが、
「副業はいくらまでなら会社にバレない?」と気にするよりも、いっそのこと本業を超えて稼ぐシステムを身に着ける方が自分だけのオリジナルな人生を手に入れることができます。

 

 

最後までぼくのブログを読んでいただき有難うございます。

 

 

お礼に、僕も実践している「副業が本業を超える方法」についてもう少し踏み込んで紹介していますので是非以下のリンクを覗いてみて下さいね。

 

 

 

 

自由に生きる人生

 

 

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る