夫婦喧嘩に疲れたあなたへ。2つの原因を解消すれば喧嘩はなくなる!

今日こそは言い合いにならないように我慢しよう。

 

 

いつものように終電で帰宅し、子供の顔も見ないまま1人で深夜のニュースを見ながらの夕食。

 

 

食事を終えたら疲れた体に鞭打って皿洗いそして風呂掃除。。。。

 

 

自分では精一杯頑張っているつもり。。。

 

 

でも、妻からは「ゴミ袋の縛り方をしっかりして」、「テーブルはもっとしっかり拭いて」。。。。

 

 

妻も一日中子育てで、ストレスが溜まっているんだ。自分がもっとしっかりしなくちゃと自分自身に言い聞かせる。。。

 

 

でもたまには自分だけの時間も欲しいし、趣味のギターを飽きるまで弾いていたい。旧友とたまにはバカ騒ぎだってしたい。。

 

 

なぜなら僕も一人の人間だから。。。

 

 

そう思うとつい感情が先走る。

 

 

気が付くと売り言葉に買い言葉。。。

 

 

これではいけないと、我慢に我慢を積み重ねる。

 

 

特に子供ができてからは、子供に夫婦喧嘩など見せまいと更に我慢。。。

 

 

その結果不満やストレスを抱えたまま繰り返す日常。しかしちょっとしたことでその感情が一気に噴き出す。

 

 

あなたもこのような経験はありませんか?

 

 

このようなケースは実は、2つの余裕がないことが原因で夫婦喧嘩に繋がっているのです。

 

 

2つの余裕がないってどういうこと?と思うかもしれませんね。もう少し説明します。

 

 

私たち現代人は仕事や子育てに追われ慌ただしい日常を余儀なくされています。眠い目を擦りながら満員電車に飛び乗り、もみくちゃにされながら通勤し、会社では口うるさい上司や気の合わない同僚と夜遅くまで時間を共有する。

 

 

身を粉にして働き今日も終電。。。家に帰り缶ビールを飲み、いきつく暇もなく皿洗いと風呂掃除。 

 

 

妻も朝早くから朝食と弁当をせっせと作り、いきつく暇もなく子供を幼稚園へ送り出す。

 

 

家に戻ると掃除や後片付け、そうこうしている間にあっという間に時間は15時、急いで幼稚園へ迎えに。その後は買い物や夕食の準備。。。

 

 

どうですか?この夫婦に欠けているのがわかりますか?

 

 

愛情やコミュニケーションではありません。この夫婦共に足りないのは、時間なのです。

 

 

もちろん愛情やコミュニケーション不足も少しはあるかもしれませんが、それ以前に時間が圧倒的に足りていないことが根本的な問題なのです。

 

 

毎日仕事や家事、育児に疲れ、夫婦共に時間的な余裕がなくなり、知らず知らずのうちに常ストレスを抱え込んでいるのです。

 

 

常に何かに追われて生活しているため、特に何か嫌なことがあったわけでもないのに常にイライラしてしまう。

 

 

これが余裕がないことの一つ目、「時間的余裕がない」ことなのです。

 

 

二つ目に行きますね。

 

 

その前に1つあなたにお聞きしたいのですが、あなたがもし会社勤めをされているなら自分の給料に満足していますか?

 

 

恐らく会社勤めの方で「満足です!」と言える方は少ないのではないでしょうか?

 

 

寝ている時間以外の殆どの時間を会社の為に尽くしているのに、貰える給料は毎月を食つなぐだけで精一杯の額。

 

 

雀の涙ほどの額では衣食住、つまり生きるために必要な最低限のもにしかお金を使えません。これでは働く気力も起こりませんし不満がたまってしまいます。

 

 

そうです。2つ目の余裕がないこととは、「金銭的余裕がない」ことなのです。

 

 

夫の給料だけでは生活が苦しいから妻がパートにでる。

 

 

しかしそれでは時間的余裕が更にになくなってしまいますし、しかも働くために子供を託児所に預けなければいけなくなります。

 

 

ということは余計な出費が発生してしまうのです。

 

 

これではせっかく妻が稼いだ8万円も手元に残るのは僅かですね。

 

 

つまり総合的に考えて、大きな改善は見込めないという結論に行きついてしまいます。

 

 

残念ながら今の日本の経済システムの中では、経済的な幸せを勝ち取るのは難しいのかもしれません。

 

 

まとめますね。

 

 

夫婦喧嘩を引き起こす根本的な原因は、

 

@時間的余裕がない

 

A金銭的余裕がない

 

 

この2つが根本的な要因になっている場合が多いのです。

 

 

夫婦喧嘩

夫婦喧嘩の原因はお金と時間に余裕がないことが原因。その解決策は!?

お金に余裕がない、時間に余裕がない。

 

 

この2つのが根本にあるため夫婦喧嘩を引き起こしてしまっているのです。

 

 

裏を返せば、2つの問題を解決してあげれば夫婦喧嘩を減らすことができるのです。

 

 

もしあなたが自由な時間を手にしたら、

 

 

  • 家族との時間を増やす。
  • 自分の趣味や好きなことに時間をつかう。
  • 家でまったりと過ごす。
  • 旅行に出かける。

 

 

時間があれば、気持ちに余裕がうまれます。つまり時間に追われてイライラしている状態から心が解放され、リラックスした状態になるのです。

 

 

心だけでなく疲れた体を休めるための時間をとることだってできます。

 

 

そうなると言い合いになりそうになっても冷静に物事を判断することができるため喧嘩になりにくいのです。

 

 

金銭的な問題についても同様です。

 

 

今より収入が増えたら。例えばあなたの給料と同じ額またはそれ以上の収入が毎月入ってくるとしたら。想像しただけでもワクワクしますよね。

 

 

もしあなたがいくらでも自由につかえるお金を手にしたら、

 

 

  • 家や車をかう。
  • ブランドの洋服やバックを買いまくる。
  • 高級レストランに通う。
  • 海外旅行に出かける。
  • 妻に指輪を買ってあげる。
  • 毎月一回のファミリーイベントで遊びにでかける。

 

 

など、やりたいことが多すぎて何から手を付けていいのか分かりませんよね。嬉しい悩みかもしれませんね。

 

 

「夢じゃあるまいし、そんなことできるわけないでしょ。」と思うかもしれませんね。

 

 

しかしある方法をつかえばお金と時間の自由を手に入れる方法があるのです。

 

 

時間とお金

 

 

お金と時間を手に入れる方法。

 

 

それは僕も実践している方法で、その方法通りに実践すればあなたも給料を超える収入が入ってきます。しかも自動的に。

 

 

しかもこの方法を使って収入を増やしていけば次の4つの自由が手に入ります。

 

 

お金の自由

 

時間の自由

 

住む場所の自由

 

人間関係の自由

 

 

理想の未来を手に入れる方法を以下のリンクから紹介しています。↓

 

 

 

 

五月病克服

 

P.S

 

 

お金が全てとは言いませんが、お金があるほうが人生の選択枠を増やすことができます。

 

 

例えば時間は、お金で買うことが出来ます。我が家は庭に芝生を植えているのですが、夏場は芝がどんどん成長するため毎週日曜日は3時間、芝刈りに時間を奪われてしまいます。

 

 

放っておくと庭が雑草だらけになってしまうので小まめに芝刈りをする必要があるのです。

 

 

しかしいつしか、毎月12時間〜15時間を芝刈りの時間に取られるのはとてももったいないと考えるようになりました。そんな時間があれば自分や家族のため、そして自動的に収入を生むシステム作りに時間を当てることができるのにと考えたからです。

 

 

そこで芝刈りを業者に頼むことにしました。つまり時間をお金で買ったのです。

 

 

その結果、その15時間を自動的に収入を生むシステム作りに回すことができるようになったし、家族や自分の時間に充てることができるようになったのです。

 

 

それが好循環を生み、収入はさらに増えるし家族との絆も深めることに成功したのです。

 

 

もし節約し芝生を自分で刈り続けていたら、収入は増えないし家族との時間も犠牲にしなければならなかったと思います。

 

 

もう一つ例を紹介しますね。

 

 

あなたは大企業の社長が移動する際、なぜお抱えのドライバーを雇っていると思いますか?

 

 

@自分が偉いから

 

A地位を見せつけるため

 

B時間をつくるため

 

 

答えはBの時間をつくるためなのです。どういうことかというと、大企業の社長ともなればとても忙しいため1人でじっくり考えこむ暇もありません。

 

 

そこで、免許させもっていればできる運転という仕事を他人に任せることで時間を捻出したのです。

 

 

つまり単なる移時間を、だれにも邪魔されずに戦略を練る時間に変えたのです。

 

 

繰り返しになりますが、これが時間をお金で買うということなのです。

 

 

日常当たり前にやっていることを違う角度から見てみると、良い方に改善できることがあるかもしれませんよ。

 

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る