働くだけの人生。そんな人生は今すぐ辞めるべし! 自分の人生は自分で決める!

 

僕たちは何のために働いているのでしょうか?

 

 

人生を豊かに生きるためですよね。

 

 

でも現実はどうでしょうか?

 

 

・朝から晩まで定額使われ放題、まるで家畜
・毎月食べていくだけで精一杯の給料
・家族にもろくに会えず、毎日毎日会社と家の往復無限ループ

 

 

こんな仕事に殺されている現状が、はたして人生を豊かにしてくれていると言えるのでしょうか?

 

 

もちろん違うはずです。

 

 

 

人生は電車。行先の違う電車に乗ってしまえば「幸せ駅」に着くことは不可能!

 

人生はまるで電車のようです。

 

 

なぜなら、間違った電車に乗ると目的地に到達できないからです。

 

 

「幸せ駅」に着くためには、「幸せ駅」に向かう電車に乗らなければいけません。
もし間違った電車に乗ってしまうと全然違う場所に行ってしまうからです。

 

 

ということは、「自分の乗っている電車はどこへ向かう電車なのか」ということをしっかり確かめなければいけないわけです。

 

電車

 

他人の決めた電車ではなく、自分で乗るべき電車を決めよう!

 

一日約45万人が乗り降りする東京駅は、様々な路線が乗り入れています。
新幹線だけでも、東海道新幹線、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線など。

 

 

また、東京駅は日本各地に向かう起点駅でもあります。
と言うことは、どの新幹線に乗るかによって到着駅が変わってくるわけです。

 

 

大阪に行きたいのに東北新幹線に乗ってしまっては、大阪のお好み焼きを食べることはできません。

 

 

反対に、東北にスキーをしに行きたいのに、東海道新幹線に乗ってしまっては、白銀のスキー場にたどり着くことはできません。

 

 

人生という電車も同じです。

 

 

「起点」駅ではみんな同じスタート地点なのですが、どの電車を選ぶかによってその後の人生は大きく変わってくるのです。

 

 

とりわけ日本では、多くの親は子供たちを間違った電車に乗せています。

 

 

本当は起業したいと思っている子供がいたとしても、親たちはサラリーマン列車や公務員列車に乗せようとします。

 

 

 

なぜでしょうか?

 

 

もうお分かりですね。

 

それは「安定」しているから。

 

 

しかしサラリーマンになれば本当に安定しているのでしょうか?

 

 

・もし怪我や病気で働けなくなったら?
・もし会社が倒産したら?
・もしリストラされたら?

 

 

考えるまでもありませんね。
翌日から収入ゼロです。

 

 

その間違った概念に取りつかれた親たちは、わが子をサラリーマン列車に乗せようとするわけです。

 

 

その結果、何の疑問も持たずにサラリーマン列車に乗せられた子供たちは、わき目もふらずに突き進むわけです。
そして、その電車から一生降りることができなくなってしまうのです。

 

 

その証拠に、公務員列車に20年乗り続けた人が仕事を辞め起業したという話を僕は聞いたことがありません。
もしあなたの周りにそのような人がいたら是非教えてくださいね。

 

 

サラリーマン時代の僕がそうだったように、幸せと感じていない人の約9割は、他人が乗れといった電車に乗っているのです。

 

 

それはつまり、あなたの「幸せ駅」に向かう電車ではなく、他人の「幸せ駅」に向かう電車に乗っているということなのです。

 

 

考えてみてください。

 

 

あなたがいくら頑張って働いたところで、あなたはその分に見合うような給料がもらえているでしょうか?

 

 

いいえ、違うはずです。
儲かるのはあなたではなく会社や国です。

 

 

でもその電車に乗ってしまったあなたが悪いのではありません。
悪いのは国やあなたを取り巻く社会です。

 

 

なぜなら、国や社会が教育という名で「労働列車」に乗るように仕向けてきたからなのです。

 

 

 

アフィリエイトを通して僕はその事実に気づいたのです。

 

 

 

人生の「乗換駅」を探すべし!辞めることは全て悪ではない!

 

では間違った電車に乗ってしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

 

答えは簡単です。

 

 

「乗換駅」を見つければいいのです。

 

 

線路というものは一つに見えても、必ずどこかで別の路線に繋がっています。

 

 

ですので、路線図を見ながら乗換駅を検索し、軌道修正することで、自分の「幸せ駅」に到着することができるわけです。

 

 

そうなんです。
僕たちの「幸せ駅」向けの乗換駅は自分で決めることができるのです。

 

 

また、乗り換え駅で降りるのに、遅すぎるなんてことはありません。
今乗っている電車から降りたいと思ったときに、その最寄りの乗換駅で降りればいいのです。

 

 

確かに、知らない土地で、今まで乗ってきた電車を降りるのはとても勇気がいることだと思います。

 

 

しかし、ずっとその電車に乗っていても、その先に待っている終着駅は他人が決めた「幸せ駅」ですから、あなたの「幸せ駅」ではないのです。

 

 

心の底から「幸せ駅」を目指したいなら勇気を出してみてください。

 

 

僕は、2年前に勇気をだして乗換駅でサラリーマン列車から降りました。

 

 

いま思うと正解でした。

 

 

もしあの時、降りなかったら・・・
とよく考えることがあります。

 

 

恐らく、今でも会社に飼いならされた家畜だったことでしょう。

 

 

 

 

誰もが知っている日本一有名な路線に山手線がありますね。

 

 

山手線にもし間違って乗ったとしても、最終的には元の場所へ戻ってくるので知らない土地で降ろされるなんてことはありませんよね。
そういう意味では初めて乗る人にとっては安心なのかもしれません。

 

 

でも同じところをぐるぐる回っていては、まだ見ぬ自分の「幸せ駅」には辿りつくことはできないできないはずです。

 

 

常に路線図で自分の場所を確認し、間違ってれば乗換駅を見つけて「幸せ駅」向けの電車に乗り換える。

 

 

それが最も大切なことだと僕は思うのです。

 

 

山手線

 

 

愚痴だけで終わるか、実行するかは自分次第!

 

多くの人は、
「お金がない」、「仕事を辞めたい」
そう思っていても、愚痴だけで何の解決もしようとはしません。

 

 

それは乗換駅で降りる勇気がないからです。

 

 

「乗換駅の見つけ方」や「最短で幸せ駅に向かう方法」を僕のブログで今だけ公開してます。
もちろん無料ですので気軽に読んでみてくださいね。↓↓↓

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る