常識を徹底的に疑ってみる

「見てきたものや聞いたこと 今まで覚えた全部 でたらめだったら面白い そんな気持ち分かるでしょう〜♪ 」

 

 

これは80年代の日本のロック界を席巻した伝説のロックバンドTHE BLUE HEARTSの代表曲「情熱の薔薇」の歌詞の一部分ですが、あなたも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

意味のない英語を羅列した巷に溢れる格好つけただけのバンドとは違い、綺麗ごと抜きにし、日本語だけで感情をストレートに表現した彼らの歌詞は僕の心に突き刺さるものがあります。

 

 

今日このようなテーマで記事を書こうと思ったのは、僕の中で「今まで覚えた全部(常識)」がでたらめだったことが分かったかです。

 

 

今まで覚えた全部が崩れ落ちたとき、高校時代によく聞いていたブルーハーツの「情熱の薔薇」が蘇ってきたのです。

 

情熱のバラ

 

 

 

今日は僕が最近思う「常識」についてお話しようと思います。

 

 

あなたは「ブルーハーツの曲と「常識」がどう関係するの?」と思われたかもしれませんね。

 

 

説明しますので少しだけお付き合い頂ければと思います。

 

 

まずあなたは「常識」と聞いてどのようなイメージを持ちますか?

 

 

「常識」の意味を調べてみると、社会の構成員が有していて当たり前のものとしている価値観や知識、判断力のこと。
また、客観的に見て当たり前と思われる行為や物事のこと。とあります。(Wikipediaより)

 

 

なんだか難しく書かれていますが、一言で言うと「みんなが当然のようにしている事や考え方」のことですね。

 

 

身近な例を挙げると

 

1.小中高そして大学へと進学し、安定した会社に勤める

 

2.貯金する

 

3.早く結婚し子を持ち、マイホームを持つ

 

4.転職は避け、1つの会社に生涯を捧げる

 

5.満員電車通勤、深夜残業、全国転勤は当たり前

 

6.休みの日は家族奉仕

 

7.自分に使えるお金は一番最後

 

8.老後は年金と貯えで悠々自適な生活 など。。。

 

 

僕たちは小学校に入る頃からこれらの「常識」を教育されていきます。

 

 

特に日本は個人よりも集団が尊重される国ですから、いかに規律を守って集団からはみ出さないかという教育に重点が置かれています。

 

 

個人のオリジナリティーを伸ばすよりも、国や会社が決めたスタンダードに向かって努力するよう教育されます。

 

 

これは一見すると合理的に思えるかもしれませんが、極端な言い方をするとロボットを量産していると言うことができます。

 

 

「みんながしているから大丈夫」という安心感から僕たちは何の疑いもなくこの常識の中で生きることを選びます。と言うか選ぶようインプットされているのです。

 

 

いわば社会という池の中だけを泳ぐ蛙と同じなのです。「みんながやっているから間違いない」と、自分では考えることをせず、「常識」という限られた世界の中だけで生きていくのです。
 

 

もちろん僕も以前はそうでした。

 

 

自ら考えることをしない(常識を疑わない)ということは、常識という池から抜け出すことを考えず、一生そのその狭い池の中だけで過ごすということです。

 

 

不況という時代を生き抜くには、みんなと同じ考えではだめなのです。同じことをやっていては同じような結果しか望めません。

 

 

毎月夜遅くまで休みなく働いても毎月を食い繋ぐだけでやっとの給料しか貰えない。

 

 

そんな世界で身を削って必死に頑張るよりも全く違う世界で収入を得ることを考える必要があるのです。そのことに気づくか気づかないかで大きな差が生まれます。

 

 

一つ誤解しないでほしいのは、僕は会社員や店舗を営んでいる方を否定しているわけではありません。実際僕も普通のサラリーマンですし、社会は共存で成り立っていることを考えるとリアルビジネスは絶対必要な仕事なわけです。

 

 

しかし今の時代、仕事に人生の大半を奪われ家族ともまともに会えない上、貰える給料は雀の涙ほど。そんな過酷な環境で心と体をボロボロにするよりも、もっと効率的に収入を手に入れ、自分の人生は自分で決める方が絶対いいと思います。

 

 

僕は、仕事というものは「それしかできない人」または「それが好きな人」がすればいいと思っています。

 

 

もしあなたも今の生き方に疑問をもっているなら、社会一般で当たり前とされていること(常識)を徹底的に疑ってみることをお勧めします。

 

 

多方向から物事を見ることで今まで見えなかったことが見えてくることがあります。

 

 

アフィリエイト報酬が一月分の給料を超えたとき、僕の中での「今まで覚えた全部」がでたらめであることが分かりました。

 

 

つまり、常識が音を立てて崩れ始めたのです。それは暗雲の中から自由という光が差し込んだ瞬間でした。

 

 

 

追伸

 

 

少なくともこのブログを読んでくれているあなたは、一般的な常識の中で生きている人達よりも一歩前を進んでいる方だと思います。しかもとてつもなく大きな一歩を。

 

 

真の自由とは

 

 

 

 

@お金の自由

 

A時間の自由

 

B住む場所の自由

 

C人間関係の自由

 

 

全てを手に入れることです。

 

1年前に右も左も分からない状態でアフィリエイトを始めましたが、ビジネスの本質を学んだことで「自由の虜」になりました。

 

 

アフィリエイターの約95%は月5千円程度しか稼げていません。

 

 

つまり、みんなと同じやり方ではだめのです。あなたの考え方や主張をはっきり述べ、いかにあなたのオリジナリティーを前面に出せるかが成功のカギとなります。

 

 

あなたも常識に捕らわれず自由な人生を追い求めるなら、以下のブログを参考にされて下さい。

 

 

「自分の人生は自分で決める」 真の自由への道しるべ

 

希望の光

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る