売り上げを伸ばす文章の書き方〜コピーライティングのルール〜

コピーライティングは学校で教わる文章の書き方とはまるで違います。

 

 

コピーライティング技術を極めるには、私たちが学校で教わった文章(常識)をリセット(治療)する必要があります。

 

 

ここでは、コピーライティングのスキルを身に着けるために以下の4つの処方箋をあなたにご紹介します。

 

処方箋1:短くて簡潔な単語をつかう

 

処方箋2:センテンスは短いほどよい

 

処方箋3:短い短いパラグラフのトリック

 

処方箋4:人称代名詞で追い打ちをかける

 

 

 

処方箋1:短くて簡潔な単語を使う

 

学校では、「大人のような文章を書くように(もったいぶった言葉を使うように)」と教わります。

 

 

疲れたは、「疲弊した」、お腹がすいたは、「空腹を感じる」、大きなは、「強大な」、悪いは、「邪悪な」・・・・・

 

 

常にきちんとした文章を書くことを教わっているため、何を書く時でもその癖がでてしまうのです。

 

 

しかし、コピー、広告、パンフレット、セールスレター、Eメール、ウェブサイトを書くときでも、このような難しい言葉を使ってしまっては、お金をドブに捨てるようなものです。

 

 

なぜでしょうか?

 

 

それは、消費者が理解できない(イメージができない)からです。

 

 

コピーライティングの最終的な目的は、商品を売ることです。

 

 

消費者にとってなるべく分かりやすい言葉を使い、消費者にその商品と、その商品を使った後に得ることができるメリットをイメージさせることがとても重要なのです。

 

 

よって、学校や職場で教わった価値のな単語やフレーズのことは忘れましょう。

 

 

アフィリエイトで報酬額をアップさせるために、明確で、自然で、簡単な言葉を使うように心がけましょう。

 

 

 

処方箋2:センテンスは短いほどよい

 

 

商品のコピーを書く上やってしまいがちなのは、1つのセンテンスにその商品の特色やメリットを多く詰め込んでしまうことです。

 

 

「その商品のメリットを1つでも多く伝えたい」という気持ちは分かるのですが、それではかえって逆効果です。

 

 

なぜなら先に述べたように、消費者に理解してもらう(イメージしてもらう)ことが大切だからです。

 

 

「1つのセンテンスに詰め込む考えは1つだけ。」と意識してみましょう。

 

 

読み手は一度に1つずつのほうが理解しやすいのです。そうすることで、1つのセンテンスが短くなりとても読みやすくなります。

 

 

センテンスを大きな斧でぶった切ってみましょう。

 

 

短くてすっきりしたセンテンスは、読み手にとって、速くて、生き生きしていて、ワクワクする文章に映ります。人々はあなたのコピーに釘付けになることでしょう。

 

 

あなたが意識するのは、

 

@短い単語を使う

 

A短いセンテンスを書く(1文につき11語程度が望ましい)

 

の2つです。

 

 

 

処方箋3:短い短いパラグラフのトリック

 

 

見込客に読み続けてもらう、しかも速いペースで読み進めてもらうために、人気のコピーライターが使っているトリックをご紹介します。

 

 

それは、「1つの質問または意見を述べ、次に2〜3語で質問に答える又は意見を述べる」というものです。

 

 

1つ例を挙げます。

 

 

副業を探している方へ、
 
ブログを書くだけで収入を得る方法を知りたいと思いませんか。
 
私も以前はそうでした。
 
それでは、その方法について説明しましょう。

 

 

この短いパラグラフを読むことによって、読み手の目が動いていくだけではなく、読むペースが速まり、あなたのコピーや広告が魅力的に映るようになります。

 

 

ただし、このテクニックを多用すると、機械的な文章に見えてしまうので注意が必要です。 ポイントとなる箇所で使うようにして下さい。

 

 

 

処方箋4: 人称代名詞で追い打ちをかける

 

 

人称代名詞とは、「あなた」、「私」、「彼」、「彼女」、「彼ら」などです。

 

 

これらの人称代名詞を惜しみなく使うことで、あなたのコピーに人間的なぬくもりが生まれ、人々の目に留まりやすくなります。

 

 

そして、読み手は、あたかも自分に話しかけられているかのように錯覚し、段々とあなたの文書に引き込まれていくのです。

 

 

あなたは・・・をどう思いますか?

 

私は・・・する方法を知っています。

 

あなたは・・・だと言うかもしれませんが、実際は・・・なのです。

 

のような具合で。

 

 

 

まとめ

 

 

コピーを書くということは、あなたの文章力を見せつけることではありません。難しい言葉や遠回しな言い方は逆に読み手にとって不快感を与えます。

 

 

短い言葉やセンテンスで簡潔に文章を書き、読み手が理解しやすい(イメージしやすい)環境を与えることを心掛けましょう。

 

 

アフィリエイト初心者は、「コピーなんて書いたことがない」とか「私は文章力がないので・・・」とか、「難しい言葉を知らないから」なんていう方がいますが、そんなことは関係がないのです。

 

 

いわゆる「学校で教わった文章の書き方」とは全くの別物なのです。

 

 

私も文章を書くことは苦手なほうですので(笑)

 

役立つ情報を提供し続ける

 

 

コピーライティング

 

 

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る