人間は8つの欲求を持っている。

 

消費者心理を学ぶことの重要性

 

突然ですが、

 

 

人間には次の8つの欲求が生物学的にプログラムされています。

 

 

1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きをしたい。

 

2. 食べ物、飲み物を味わいたい。

 

3. 恐怖、痛み、危険を免れたい。

 

4. 性的に交わりたい。

 

5. 快適に暮らしたい。

 

6. 他人に勝り、世の中に後れを取りたくない。

 

7. 愛する人を気遣い、守りたい。

 

8. 社会的に認められたい。

 

 

これらは「生命の8つの躍動(Life-Force 8_)」と呼ばれているもので、人間なら誰しもが潜在的にもっている欲求です。

 

 

8つの欲求

 

 

人が物を買う理由を理解するには、人について知り、人の本質というものに敏感になることが重要です。

 

 

人がどのように考え、どのように生きているのかを知り、その日常生活を左右する基準や習慣に精通する必要があります。

 

 

物を売る上で、人が何を欲し、何を必要としているかをきちんと把握することができて初めて商品を売ることができます。

 

 

しかし、様々な人間がいるなかで、全ての人に対して基準や習慣を理解しようとしても無理な話ですし、全ての人に対して価値観を共有するのも現実的には無理です。

 

 

しかしどうでしょう。 上記の「生命の8つの躍動」は人間なら誰しも持っている欲求です。

 

 

これを利用しない手はありません。

 

 

この8つの躍動のうち一つでも多くの欲求を刺激することで、自然の摂理の力を利用でき売り上げを伸ばすことができるのです。

 

 

人間はこの8つの欲求を持って生まれてきたのであり、生を終える日までこれらとは無縁ではいられないのです。

 

 

例えばあなたは、こんなことができるでしょうか?

 

 

*食べたいという欲求を振り払えますか?

 

*生き残りたいという欲求を抑えることができますか?

 

*物理的に快適でありたいという欲求を消し去ることができますか?

 

*自分の子供が道路を横切る前に左右を見ようが見まいが、どうでもいいと思えますか?

 

 

答えを聞くまでもありませんね。

 

 

つまり、この8つの欲求を刺激するような文章が書ければ、人間を行動させる本質的なものの力を利用できるので効率的に商品を買ってもらえるというわけです。

 

 

 

まとめ

 

 

人間が生まれながらに持っている「生命の8つの躍動(LF8)」を刺激する文章を書くことで、消費者の心理を動かすことができ「買う」という行動をとらせることが可能になるのです。

 

 

 

 

人は感情で買い、理論で正当化する。 基本的な欲求や要求に触れて、感情的に反応させるのだ。

 

                    ヤング&ルビカム・トラベリング・クリエイティブ・ワークショップ

 

 

権威をまとう

 

 

以前12,000円分で販売していたメールセミナーを今だけ無料で公開中です。 期間限定・定員限定ですので予告なく中止する場合があります。 少しでもお金や自由に興味がある方はお早めにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ

ページの先頭へ戻る